不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

珍しく、はい と答えました😐

昨日の動きです。


朝、息子に、いつもの時間で声かけするも、反応なし😓

ここで、欠席、決定💧


昨日は、初めから主人の対応なしと決めていたので、息子への声かけ前に、出勤してもらいました。


私は、いつもより少し早くに出勤して、学校へ欠席連絡をして、お仕事に入りました。


買い物をして、2時頃帰宅。


息子は、何も食べていない状況で、部屋で、動きなしでした。


それを、F先生に報告して、今晩の対応について、相談させて頂きました。


先日、担任先生から聞いた、未提出の課題を、金曜日までにやって行くように、言うか?金曜日の登校のみを言うか?です。


何度かの、私からの提案を聞いて頂きながら、ハードルを高くして、金曜日の登校の可能性が下がるなら、


今晩は、金曜日の登校のみの対応として、


課題は、無事に冬休みを迎えてから、新学期からの残り時間と合わせて、注意する、となりました。


とにかく、金曜日の終業式を取る✊️で、F先生より、了解を頂きました。


同時進行で、F先生とのやり取りを主人に送り、主人からの了解も得て、


何時くらいに帰るのが良いか?と、息子に言うセリフも、確認して、帰宅してもらいました。


夜、7時過ぎに主人が帰って、息子が休んでしまった日の常で、通勤カバンを置いて、息子の部屋に向かいました。


以下は、主人からF先生への報告メールです。


「今日は、どうしたんだ?

登校日だったんだろ?


うん、と軽く頷き、


冬休みを普通に過ごす為にもさ、

終業式、金曜日なんだろ?


うん、


必ず行くんだぞ!


に、ハイと応えました。若干面倒くさそうな感じでしたが、一応、ハイと応えました。



夕飯まだだろ?


うん、


下に降りて食べろよ。」


とのやり取りだったそうです。


F先生との打ち合わせ通りでしたので、主人にお礼を言いました。


F先生からも、昨日は自主休業だから、軽めの対応にしてくれて、ありがとうございます。

との、お返事を頂きました。


息子は、その後しばらくして降りてきて、

家族で夕飯を食べて、昨日の欠席はクリアとなりました。


息子にしては珍しく、主人からの言葉に、はいと答えたそうです🙂


だんだん、、ね。わかって欲しいですよ。


終業式は、大事だからね。

はい、と答えた息子を信じて、、、金曜日まで、平常運転です✊️