不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

子供の話に、オチをつける😅

という事で、2時間ほど、動けなくなってしまいましたので、昨日のランチ会のおしゃべりからです😊


昨日集まったメンバーは、上の子の幼稚園からのお友達のママ5人です。


全員お誕生日が同じ月で、なおかつ!2日ずつ違う日と言う、もう!運命⁉️なご縁で、

子供たちは、今はお付き合いはありませんが、親は、お誕生会をしたり、年に何度かは集まる間柄です。


兄弟は、ウチの息子のひとつ下の学年の男子が3人。もう1人はひとりっ子です。


このメンバーは、旦那様同士も仲が良く、お互いの親御さんやら、兄弟やら、その配偶者や子供まで、


近所に住んでいたり、一緒に食事したりと、

プチ親戚?みたいな関係です。


昨日の話題は、この頃太ってしまったの、旦那が太ってしまったの、子供が太ってしまったの、


そんな話ばっかじゃ〜ん💦と、言いながら、

食べ放題のサラダを取りまくる、と言う、、


ありがちな女子会ですよ。そんな話ばっかで、なぜ5時間も喋れるのか?


お店のお姉さんに、睨まれていた様な?気もしますが、、さすがに昨日は空いてましたから😅


このメンバーは、子供の事を話しても、、、

あるがまま、、って感じで話せるのです。

学校も、成績も、あるがまま、、それで、お互いの子供の成長を喜べています。


子供の話しに、なんとなくオチを付けて話すから楽しいのかな?

たいがい、バカだね〜とか、いい加減にしなさい、とか、なんですよ😅

幼稚園の時から、変わってないです。



このメンバーには、お一人を除いて、息子が学校へ行けなくなって、F先生の支援を受けている事を聞いてもらいました。


皆んな、泣いてくれて、、でも、息子が復学できた事を、心から喜んでくれて、、、

ずっと気にかけて応援してくれてます。


なぜ、お一人のママ友に言えないかと言うと、そのママ友のお宅のお隣の男子が、不登校になってしまったからなんです。


上の2人の息子さんと、だいぶ年が離れてできた男の子で、そのママ友もとても可愛がっていました。


それで、、、ウチが受けた復学支援機関の事を聞いたら、、、悩むと思ったのです。


不登校の子供のママだったら、お話したと思います。でも、本人でなければ、、


聞いてしまったら、お隣さんに、話した方が良いのか?どうか?そのママ友が悩んでしまうと思いました。


不登校への対応は、、どうするのかは、家族で決めるしかありません。

だから、、あえてそのママ友には、お話しませんでした💧


ちなみに、このブログの事はそのメンバーにも話していません。不登校に関係ない人に話しても、、ね🙂



先ほど、上の子が起きて来て、大学に午後から行くと言うので、朝ごはんの準備にリビングに降りましたら、


息子は、英語の勉強をしてました。


上の子の話だと、英語を書かずに、日本語訳を覚えているそうです💦

それじゃダメじゃ〜ん😱ね、たいがいオチがつく訳ですよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。