不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「援助」を求める力🤔



この頃、私のブログにコメントくださる方は、maiさんのブログ✨

(って。ここで、リンクとかしたら良いのですが😅

いや。私だってね。リンクを貼るくらい、やったらできる?と思うのです🤣

でも、ご自分で情報に、行き着いて頂きたい😌との思い?が、あるのですよ。

私も必死に調べて、その過程で、先輩お母様方と巡り会えて、そうしてやっとF先生の支援にたどり着いたのです😌)


から来てくださるようで、お子さんが、

「発達障害」と、おっしゃる方が多いように感じます😌


が、私は、

「発達障害」について詳しく学んだ事がないので、

あーだこーだと、お伝えできる力がないのですー💦申し訳ありませんー💦


が、これまで私が得た様々な情報から、コメント頂いた内容について、

あくまでも!ですが、私の思うところを書いてみたいと思います😌

もし良かったら、読んでみてください😌


私は、地域の子供達を見守るボランティア活動に参加しています。

まだまだ🔰で、今は、

地域の子供達に何か?問題が起こった時は、

「その問題ごとに、どこ(どんな公的機関に?)に助けを求めたら良いの?」を、みんなで学んでいるところなのです。


そんな学びの中で、何回か前に、わが町の

「発達障害のお子さん」を支援なさっている、NPO法人の代表の方のお話を伺いました。


その方は、ご自分のお子さんが「発達障害」でいらしたので、

その子育ての学びから、「発達障害」の子供への「自立」に向けた様々な支援活動をお話くださいました。


そのお話の中で印象の残っているのは、


「子供に『障害者手帳』を取らせる、のは、

親が良く学んでからにして欲しい」


「手帳を取得する為の働きかけには、メリットとデメリットがある事を理解して欲しい」 


「手帳の取得に働きかけるのであれば、安易に、『手帳で得をする』的な発想ではなく、

本人の障害の程度や状態を客観的に、専門家に判断してもらって、手帳を取得する方が、「本人の自立」に繋がるのであれば、そのように道筋を立てから、動いて欲しい。」


「手帳を取得する事によって、「自分は障害があるのだから、しょうがない(できなくても、良い)」となってしまう、事例は多いので、心して動いて欲しい」


「手帳を取得するには、親が、事前にやる事と、やってはいけない事があると、わかって欲しい。」

などのお話を伺いました。


その時私は、代表の方のお話を聞いて、

F先生のご指導に通じるモノが多いなーと思ったのでした😌


その代表の方の、「発達障害」のお子さんは、「障害者手帳」を取得して、

誰もが知っている企業に、障害者枠で就職した、との事でした。


その代表の方は、ご自分のお子さんと共に

「発達障害」を認知して、それを前提に、

学校や公的機関や、たくさんと相手と「交渉」を重ねて、

お子さんに、自分の「発達障害」を、「自分の特性、個性」なのだから、それはそれとして受け入れて、


『人間は、自分のできる範囲で働かなければいけない』

と理解させたそうです。 


如月さんのコメントの、お答えになっているのかどうか?

わかりませんが、そんなこんなを前提に、コメントのお返事をさせて頂きました😌


私が口を出すような問題ではないので、上記のような経験から、どうか

「その判断が、息子さんの自立に繋がる」可能性が高いと思われたら、そのように、お願いしたいと思いました😌


私は、如月さんの娘さんの

「お母さんは、ニート製造器」との発言😅

に、ビビッと来てしまいました💦


そうなんです。母親は、常に息子に

「良かれ!」と思って、行動しているのです。


が、その判断のひとつひとつが

(思考の傾向が)息子の甘えを、引っ張り出してしまっている、のかもしれないです。

ご自分の思考の傾向は、なかなか自分で気がつく事は難しいと思います💦


第三者の、信頼できる、その道の専門家を探してみて欲しいな、と思いました😌


これからは

「社会的に、支援を求める能力」が、大切なのだそうです。

そんな情報を探してみて頂きたいな、と思って、記事を書いてみました😌



×

非ログインユーザーとして返信する